Raw Milk Vs. Pasteurized Milk, Japanese Translation

殺菌乳(パスチャライズド・ミルク)はいらない

From Armchair Science, London
April 1938
Japanese translation by Katsumi Yamada
English original

子供には、清浄な生のミルクに変わるものはない。子供の唯一の健康基盤であるミルクに不可欠な品質を科学は殺菌乳で証明できていない。 不幸にもミルクの供給に関しては酷く歪められた説明が広く流布されている。あらゆる犠牲を払って全てのミルクを殺菌しなければならないという側の言うこと を信ずるならば、生のミルクは猫いらず(ねずみ用毒薬)と同じくらいひどい物という事になるが、農業大臣が最近言ったように「人類はパスツールを聞くより 遥か昔から存在している。」

殺菌のプロセスは、下院で議論された結果、生乳は人の消費用としては販売してはならないと勧告された。これは全ての供給業者が高価な機材をすえつけることを意味し、義務化されれば小さな農場は閉鎖せざるを得ず数社の大きな業者に事業が集中することは間違いない。

もし殺菌乳を飲まざるを得なくなったとしたら、殺菌がどういうことを意味するのかを理解する必要がある。殺菌は、二つの目的を果たすた めに行う。一つは、病気を起こす細菌を殺すこと、もう一つはミルクが酸っぱくなることを防ぐことにある。これは、ミルクを63度ー65度Cで最低30分保 持しその後6.5度C以下に下げることで達成される。

危険な細菌を殺すことは良いことには違いないが、殺菌はそれ以上に無害で有効な細菌も殺すし、ミルクを高温にすることで破壊される栄養成分もある。

酸っぱくなるについては、生の酸乳はかなり広く使われている。消化が良いので病人に与えられ、緩下作用があるし味も悪くない。殺菌してしまうと乳酸菌は死んでしまう。このミルクは、酸っぱくもならないし短時間で腐敗し有害な菌が急速に繁殖する。

子供の結核が生のミルクにある有害な細菌によって起こされるというのが、殺菌の支持者によって作り上げられ一般に広められた見解だ。多 くの研究者が無数のミルクサンプルを調べて試験し、ミルクによる病気の伝染に関する問題を何百もの動物で実験した。しかし、完全に無視された重大な事実が ある。それは、生の清浄なミルクが求められているということだ。これが保障されるなら、他の一切の食べ物を子供に与えてはいけない。

不潔なミルクは勿論他の不純な食品同様危険であることは間違いない。しかし、政府の管理下で清浄度が保障された証明書付きのグレードA ミルクは、全国で入手可能であるし、それが酪農家の殺菌狂に対する答えだ。

ミルクによる結核の感染に関する最近の統計によると、ここ5年間特定の団体に所属する70名の子供たちに毎日生のミルクを1パイント (約500cc)飲ませたところ、結核にかかったのはわずか一名だった。同じ期間殺菌乳を与えられた場合、14名が結核に罹ったと報告されている。

生乳のビタミンCの一部が破壊され、有害な菌の繁殖を促すことの他に、殺菌するとラクトーストして知られる乳糖がベータ・ラクターゼに変わり溶けやすく短時間で吸収されるので、子供は直ぐにおなかがすいてしまう。

殺菌の最大の問題は、生乳にあるカルシウムを大部分不溶性に変えてしまうことだろう。これが十分なカルシウムが必要な子供に時々くる病 や虫歯、神経性障害などの問題を起こすことがあり、またカルシウムと関係のあるリンが吸収できなくなることで骨や脳の形成に大きな影響が出てしまう。

殺菌は、生乳にあるヨウ素のも破壊してしまって、便秘の原因になり全体的にミルクの本質的品質をほとんど失ってしまう。

これらの否定できない事実を前に殺菌党はなんと言うのだろうか。生乳を本来の目的である栄養があり健康を増進するものーから外れたもの を高価な機材を投入して作るのではなく、酪農家が本来の成分を変えることなく飲むのに適したきれいな生のミルクを生産するように法制定すべきだろう。

Share

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *